知らないとヤバい!仕事探しをする前にしておきたいこと3選

1.自己分析をしてみよう

自分に合った仕事を見つけることはそう簡単ではありませんが、働く人の中には今の仕事に満足している、という人も多くいます。そのような人たちは自分のことをよく理解しています。皆さんは自分のできること、好きなこと、興味があること、どうしてもやりたくないことについて考えたことがありますか?よく分からないという方はこの機会にぜひ紙に書き出してみてください。例えば「介護の資格がある、人を楽しませるのが好き、生活リズムが崩れる仕事はしたくない」などの項目があれば、それぞれの共通する職種として「デイサービスの職員」などが出てきます。このように「自分を知ること」で自然と職種や業界が絞れてくる場合があります。

2.業界・企業分析をしよう

自分ができること、やりたくないことなどを分析した後、導き出したいくつかの職種からインターネットで求人検索をかけてみましょう。1.で例に出したデイサービスであれば「デイサービス求人〇〇県」と検索し、出てきた企業のホームページなどをいくつか見てみます。求人の給与欄だけでなく経営理念や職場の写真、アクセス、お客様や就職者の口コミなども見て“長期的に働きやすそうか”をよく考えるようにしましょう。

3.それぞれの仕事を比較してみよう

業界・職種が絞れてきたなら、いくつか出てきた求人を「比較」してみましょう。インターネットで検索も良いですが、実際にその会社で働いている人(働いていた人)の話を聞いて比較してみるのも良いです。求人内容と大きな差がないか、1日のスケジュールはどうか、などより踏み込んだ内容を聞くのが良いでしょう。就職活動・転職活動には自己分析・企業分析・職場の比較が重要です。まずはあなたがやりたいことを紙に書き出すことから始めましょう。

人材派遣会社である綜合キャリアオプションは、営業所が全国各地にあり、大手企業のみならず地方の企業まで幅広く人材を派遣・紹介しています。