色々なドライバー求人の中から自分に向いているものを見極めよう!

二種免許を持つ人はタクシードライバーがおすすめ

タクシードライバーの仕事は、二種免許の取得が条件となりますが、年齢が高い人も活躍できるチャンスがあり、長く経験を積むことで収入アップを狙えるといった魅力があります。ドライバーの確保に積極的なタクシー会社の中には、新規の採用者を対象に基本給を高く設定したり、年齢や経験、成果などに応じて手当を支給したりするところも珍しくありません。また、大手のタクシー会社をはじめとして、個人タクシーの開業を目指すドライバーへの支援制度を新たに導入するところも増えています。そのため、将来にわたりタクシードライバーの仕事を続けたい人は、一人ひとりのドライバーへのサポートが手厚い会社を就職先に選ぶのがおすすめです。

体力や運転が得意な人はトラックドライバーを目指そう

トラックドライバーは、業務を通じて中型や大型のトラックを運転する機会が多いため高度な運転技術やマナーが要求されます。また、積み荷の量や営業範囲によっては、連続で長時間労働をしたり、満足のいく休憩時間が確保できなかったりすることもあります。一方で、業界大手や中堅の運送会社の中には、トラックドライバーの給料を改善したり、勤務シフトの見直しを行ったりしているところも多く見られます。そのため、体力や運転技術に自信がある人は、就職活動中に優良企業のトラックドライバーの求人をチェックするのがおすすめです。なお、トラックドライバーの勤務経験がない人は、採用から数か月間程度先輩ドライバーによる研修を受けられる会社を選ぶと良いでしょう。

昨今、物流の要であるドライバーの求人数は増加の一途をたどっています。理由として、ドライバー人口の減少による人手不足が挙げられます。その為、これからドライバー業を始めたい人には絶好のチャンスと言えます。