マンション管理士や建築物環境衛技術者とは

マンション管理士を取得するためには

仕事の求人を探しているとビルの管理やマンションの管理を募集していることがあります。求人により求めている年齢や内容は違えど、どのような仕事を行うのか気になりますよね。特にマンション管理は定年後に就く職業として人気があり、求人倍率も年々増加しています。近年では若い世代にも注目されています。

マンション管理士という資格がありますが、マンションの維持や管理に関するコンサルティング業務を任されるために必要な資格です。管理組合や区分所有者のトラブルを解決する専門家であり、資格取得のためには国土交通大臣が試験主体となる試験を受ける必要がありますが、特に受験資格はありません。合格後、公益財団法人マンション管理センターに登録する必要があります。

建築物環境衛生管理技術者とは

ビル管理士は建築物環境衛生管理技術者ともいい、実務経験をした上で試験を受ける方法と日本建築物環境衛生教育センターが主催する講習を受け、修了試験に合格し資格を取得出来る方法があります。ビル管理士は1つのビルに1人の名義が必要であり、都市部などのビルが多くある地域では需要が高いです。一見すると講習さえ受ければ取得出来るのではないかと思われがちですが、受講するためには医師や一級建築士など難易度の高い条件をクリアした人が対象です。17日間で7科目、101時間の講習を受け試験を受けますが、決して合格率が高いわけではありません。またこの資格はビルの最高責任者という位置づけであり、多くの責任を背負う資格でもあるのです。

ネットワークエンジニアにはインターネットのような大規模なものから、会社や家庭内のパソコン数台からなるごく小規模なものへ問題なく接続されるネットワークを構築するための知識が求められます。